乾燥を防ぐ|妊娠線やニキビ跡はクリームなどの化粧品で予防|早めのケアが鍵
笑顔のレディー

妊娠線やニキビ跡はクリームなどの化粧品で予防|早めのケアが鍵

乾燥を防ぐ

石鹸

身体の形は急激に変化することはあまりありません。しかし、妊娠をしている女性はこの急激な変化を一年の間に何回か経験するのです。そのため、普段の生活をしている限りでは予想もしないことが起こります。急激にお腹が膨らむと、それに皮膚の収縮が耐えきれません。そのため妊娠線といわれる皮膚のヒビ割れが起こってしまうのです。これは急激に太ってしまった人にも時々出る線ですが、普段はあまり気にならないのですがよく見ると肌に白い線が浮かんでいるのが見えます。凸凹してしまうこともあるので、肌に妊娠線ができてしまって悩む女性はとても多いのです。今ではクリームなどでケアをすることで妊娠線を防ぐことができるようになっているため、妊娠出産をする女性の強い味方になっています。

まず、自分でできることは急激に体重を増やさないことです。これは胎児のためにも母体のためにも大事なことなので、普段の生活に気をつけて体重管理をしましょう。そして妊娠線は乾燥していると起こりやすいので、特に冬場にお腹が大きくなる時にはクリームを塗るようにしてください。クリームは何度塗っても良く、何回までという制限はないので、気がついた時には塗るといいです。お風呂上がりならクリームをお腹周りに塗りやすくなるでしょう。そしていつから塗り始めた方が良いという規定も特にありません。人によってはお腹があまり大きくならない時期から妊娠線ができてしまう人もいるので、そういった人はクリームを早めに購入して妊娠中はずっと塗り続けるといいでしょう。